川越エリアでの学習塾選びの決定版!

初めて塾に通う子どもに対するケア

初めて塾に通う子どもに対するケア

 

 

塾に初めて子どもを通わせる際には特別な配慮が必要です。
塾に通わせることは子どもによってもストレスが掛かることでもあり、場合によっては塾嫌いになってしまうこともあります。
一体、初めて塾に子どもを通わせる際にはどのようなことをしておくと良いのでしょうか。

 

塾通いが初めての子どもに対する配慮

〇塾通いは週一にする

初めて塾通いをさせるならば塾に通わせる頻度はまず気をつけておきたいところです。
学校に通うだけでも疲れるものですが、塾通いもさせるともなれば尚更、くたくたになります。
そのため、塾にスムーズに慣れてもらうためにも、塾通いは週一回から始めると良いでしょう。

「最初のうちは塾は週一日以上は通わせない」と決めておけば子どもも塾通いと学校を両立させやすくなってきます。
週一日しか塾に通わせないとあまり塾の効果も上がりにくいものですが、学年が上がったり慣れてくれば塾の回数を増やせば良いだけです。
逆に直ぐに成績をあげさせようとして塾通いを過度にさせるのは禁物です。

 

〇ストレスを軽減する対策

他にも、塾に通うのはストレスがかかるものです。
通塾するだけでも疲れてきますし、塾で全く知らない子どもとも知り合わないといけません。
塾の勉強は学校の勉強よりも進度が早いことから、勉強のストレスもより強くなっています。
こうしたストレスが生じるのは避けられないことですが、だからこそ少しでも子どもの負担を減らすために、

「自宅から近い塾を選ぶ」

「友人と一緒に塾通いをさせてみる」

といった工夫をしてみると良いでしょう。

 

〇塾の目的を理解させる

また、子どもに塾の目的を理解させることも大事です。
「勉強は学校だけで十分」と感じる子どももいます。
どうして塾に通わないといけないのか、塾に通うとどういった良いことがあるのか、ということを説いて聞かせることで子どもも塾の意義をわかってくれるようにもなってきます。
それだけ積極的に塾通いをしてくれることにもつながってくるのです。

 

このように色々としておきたいことは多いですが、総合的に言えば「塾嫌いにさせない」ことが親の目標になってきます。
塾嫌いに一度なると払拭するのは難しいものですから、最初に塾嫌いにさせないようにしておきたいところ。
そのためにも上記で紹介した方法を実践するとともに、塾に通うことでご褒美をあげることもおすすめです。

 

塾と家庭教師のどちらが良いのか?

塾に通わせるか、家庭教師を雇うかはよく悩むところでもあります。
どちらを選ぶかで成果が変わってくることもありますが、それぞれのメリット・デメリットを比較しておくのも良いでしょう。

 

例えば、家庭教師は苦手科目があるといった生徒におすすめです。
塾だと苦手科目も十分に対処してもらいにくいものですが、家庭教師を雇えば苦手科目などがあっても個別に対策してもらいやすくなります。

他にも、塾の方が集中できるという子どももいます。
家だとどうしても誘惑が多くて家庭教師を雇っても勉強しにくいこともありますが、こうした場合には塾に通わせると良いでしょう。

塾は他の子どもとふれあう機会もありますが、より社交的にしたい場合には塾が良いこともあります。
このような隠れたメリットも塾にはあるのです。

なるべくコストを下げたい場合にはやはり塾の方が安めではありますが、これも利用の仕方によって変わります。
家庭教師も月に数回程度の利用であればそこまでコストもかかりません。

このように塾と家庭教師は違いも多いものですが、両者をどちらも試してみるのもおすすめです。
体験授業や体験利用ができますから、とりあえず両者を試してみて子どもに合う方を見つけてみるのも良いでしょう。
こうした適性は早めに理解しておきたいところです。