川越エリアでの学習塾選びの決定版!

夏期講習だけ通える塾はある?

公開日:2019/01/01  最終更新日:2018/12/27

受験のためや成績をのばすためにも、しっかりとお子さんに学ばせるということは大切です。

学校で学ぶことや自宅での予習や復習、塾などに通わせて学ばせることもできます。

家庭の事情や本人のやる気などにもよりますが、親としてもお子さんに効率よく学ばせたい場合には塾に通わせるというのも一つの選択肢といえます。

ですが、金銭的な問題や本人が独学でもある程度の勉強はできているという場合には、夏期講習だけ通わせてみるというのも有効な手段です。

普段から通っていなくても夏の間、講習を受けられる

お子さんにしっかりと勉強してもらいたいと、親もいろいろとサポートしてあげるというのは大切です。

学習習慣などが身についているお子さんの場合には、家庭で独学という形であっても成績がアップしていく、受験に関してもある程度安心してみていられる状況になる可能性もあります。

しかし独学である程度の勉強ができるようになっても、やはり受験やお子さんの友人や同じ学年の子供達と成績の面で比較してしまう、差がついてしまうなどの状況も考えられます。

そんな時、少しでも効率よく学ぶことができるように、塾の夏期講習に通わせてみるというのも有効な手段といえます。

普段から通っていないと夏の時期などの講習を受けられないのではと思いがちですが、申し込むことは可能です。

また、通うついでに自習室などを開放している場合にはそこを利用するということもできるため、夏の間しっかりと学びたいというお子さんの場合には自習室を目当てとして通うというケースもあります。

専門の講師から学ぶことができる

夏期講習を受けるメリットとして、専門の講師から学ぶことができる点が挙げられます。

正しい知識を身につけることは学ぶうえではとても重要だといえるでしょう。

また、テクニックなども解説してもらえる点からも、受験などに関してためになる講習を受けることができます。

普段は独学で過去問などを解いている方でも同じ問題を繰り返していることで、間違った覚え方、知識になってしまう可能性や問題そのものに慣れてしまい違う問題に対して対応ができないなどの状況に陥ってしまうこともあります。

類似問題としても過去問ではでてこなかったような問題などを講習で解いてみる、わからなかった部分などは講師から解き方の指導を受けることにより、普段の勉強よりも効率よく理解を深めていくことにもなるでしょう。

また、独学でのデメリットとして考えられるのは、比較対象がいないため、自分がどの程度のレベルなのかが把握しにくいことです。

講習では周囲に自分と同じ目的、目標を持った人たちが集まるため、自分がどの程度のレベルなのか、小テストや模試を受けることで、立ち位置などの把握がしやすくなります。

講習のタイプはチェックしておくこと

夏期講習を受けるという場合には、その講習だけで完結するというタイプなのか、苦手分野など特定の範囲に関して講習を受けるタイプなのかという点をチェックしておくことが大切です。

独学をしていて自分がどうしても苦手と思える部分がでてくることもあるでしょう。

ですが、苦手であるため独学ではどうしても効率が悪く、時間をかけて理解していくことが必要になります。

この点から苦手分野など特定の範囲を集中的に克服するというパターンで講習を受けるというのも一つの方法です。

夏の間の講習で完結するタイプか苦手などを克服するつもりで特定の範囲だけ講習を受けるタイプか判断していくことが重要なポイントといえます。

 

塾に通っていなくても夏期講習だけ受けるという方法も有効です。

自習室などがある場合には、そこをうまく活用していくということも通うメリットといえるでしょう。

独学では学べないテクニックや正しい知識を身に着けるために夏の間だけでも講習を受けてみましょう。

川越での学習塾選び