川越エリアでの学習塾選びの決定版!

中学生の成績が伸びないを克服するには?


川越市内には学習塾がゴマンとあるため、どこの学習塾へ入れればよいのかわからないという声もよく耳にします。
子供も中学2年生の夏頃になると、高校進学のことを考え出す時期になるので、成績が思ったように伸びないと親御さんも焦ってしまう気持ちもよくわかります。

 

基礎力に力を入れて苦手分野を克服

中学生の2年生であればまだまだ成績アップのための時間は十分にあることから、焦らずに基礎力に力を入れて指導を受けられる塾を選ぶことが大切です。高校受験では中学で習う範囲以上の問題は出ることはないので、とにかく受験に際しては基礎力がとても重要です。

苦手分野があると受験の際にその分野が出題されてしまえばお手上げ状態となってしまうので、中学2年から3年夏にかけては基礎力に力を入れて少しずつ苦手分野を克服していけば、必ず成績は伸びていきます。成績が伸びないと悩んでいる生徒さんの多くが、苦手分野を抱えたままの状態で学習を続けているケースが散見されているので、その分野の克服から行っていくことが大切です。

川越の優れた学習塾では、生徒一人ひとりの基礎力を高める学習に力を入れており、確実に点数に結びつくよう指導を実施しているのです。

 

提出物をしっかり出させる指導で成績アップ

成績が伸びない原因としては、提出物をきちんと出すことができていないという問題があります。テストの成績はそんなに悪くないのにもかかわらず、内申書の評定があまり良くないのは提出物をきちんと出していないことに問題があるのです。川越の優れた学習塾では、成績が伸びず評定が芳しくない生徒に対して、生活指導を徹底させる個別指導に力を入れています。

良い学習塾というのは生徒の性格を見極めて、個別に細やかな指導を実施しているので、生徒の学習の姿勢における欠点をいち早く見極めて正しい指導を行い、成績を伸ばすための指導を実施しています。成績がそれほど悪くないのに評定が5にならないという生徒の問題点の殆どが提出物を出していないことに原因があるケースが散見されていることから、学習塾でありながらも生活指導をしっかりと行うことによって成績上昇へと結びつける努力を地道に行っているのです。

成績の状況を見ながら定期的に行われる三者面談では、生徒の問題点を指摘し、できるだけ早く克服できるよう親子二人三脚で対策が取れるようにしっかりと指導を行います。先生と生徒の距離が近いことから、生活面での指導もできるのが良い学習塾の強みです。

 

少人数制で細かい指導もすることができる

川越の学習塾の中でもおすすめしたいのが、少人数制で細やかな指導を受けられる学習塾です。大人数制で講義が行われる塾の場合、たしかに塾側としての効率は良いものの、授業に遅れがちな生徒に対するサポート体制が充実しているとは言えない状況です。大人数制の場合は、生徒にとって講師への質問もしづらいので、生徒の学習の進捗度に大きな差異が出てきてしまうのです。勉強のできる子はどんどんと先へ進んでいけますが、できない子はそのままになってしまい、塾へは何となく義務的に通っては来るものの、成績が伸びない状態が慢性的に続いてしまう状況を生んでしまうのです。

そこでおすすめしたいのが、少人数制で個別指導を受けられる学習塾です。個別指導のメリットはマンツーマンでわからないところを生徒がわかるまで教えてくれるという点にあります。わからないところを克服していくことによって苦手分野をなくし、受験に強い基礎力を養うことになるのです。生徒側としても講師に質問がしやすい環境が整っているので、わからない分野をそのままにしないようにすることができます。基礎力を固めることにより、徐々に成績が伸びていくのを実感できます。