川越エリアでの学習塾選びの決定版!

高校受験で通塾するタイミングとは?

高校受験で通塾するタイミングとは?

 

 

高校受験に合わせて入塾するのはおすすめです。
時にレベルの高い高校を目指すならば入塾が必須なことも。
とはいえ、悩んでしまうのが入塾するタイミングです。
一体いつまでに入塾しておけば大丈夫なのでしょうか。

 

 

入塾タイミングを場合に分けて徹底紹介!

入塾タイミングは幾つかあります。
生徒によっては中学に上がった時に塾に入るなんてこともあります。
早く塾に入れておけばそれだけ学校の勉強にもついていきやすくなりますし、

勉強グセも自然と身につくようになるでしょう。

とはいえ、一流校を目指すというのでなければ中学に上がったタイミングで塾に入れるのはあまりおすすめできません。
塾に入るとどうしても部活などが疎かになりますし、子供によっては塾嫌いになってしまうこともあります。
このため、早く入塾させる際には子供の意向も尊重して考えていく事が大事です。

○入塾のタイミング
もちろん、早く入塾させればそれだけコストもかかってきます。
塾の月謝は数万円程度ですが、年にするとその負担もかなり重くなるもの。
こうしたことも考慮しておきたいところでしょう。
おすすめなのは3年生になったついでに入塾させることです。
中学3年にもなると子供も入試について真剣に考えてくれるようになりますし、子供の方から入塾したいと言ってくることもあります。
多くの塾が一年制ですから、3年に進学時に入塾させるのは塾のシステムを考慮しても良い判断です。

中学に上がった際に塾に入らせなかった際には中学2年生になった際に塾に入れるのも良いでしょう。
中学2年の夏期講習に合わせて入塾させるという手もあります。
これであれば入試まで1年半もあり、かなり時間の余裕も出てきます。
子どもとしても中学に十分なれた頃に塾に入れれば塾と学校の両立もしやすくなるはずです。
学校の勉強がしっかりできていないという生徒の場合にも、この時期に合わせて入塾させておけば入試までに万全の体制ができることでしょう。

また、中学3年生になり夏場に部活を辞めた後に塾に入るのも良いでしょう。
余り高いレベルの高校を目指さない・もしくは生徒の学習レベルが高い場合にはこれでも全く問題ありません。
この時期に合わせて塾も入塾キャンペーンなどを開催していることも多くなっています。
部活仲間と一緒に塾に入れば挫折することなく勉強に取り組んでいくこともできるでしょう。
とはいえ、このタイミングで入塾すると入試までに半年程度しかありません。
これは学習が遅れている生徒にとってはかなり短い期間です。
特に苦手教科がある、レベルの高い高校を目指しているなんて場合には、部活を辞めた後に入塾すると遅すぎることも。

夏以降に入塾させる場合には?

このタイミング以降の入塾となると選択肢は限られてきます。
生徒によっては部活の関係で塾に入る時期を逃してしまうこともあるでしょう。
そんな場合でも、冬休みに合わせて入塾するという手があります。
冬休みに開催される模擬を受けて入塾するのも良いでしょう。
しかし、入試までに数ヶ月しかありませんから、十分に入試対策ができないこともあります。
塾に慣れるまでに時間がかかってしまって、本格的に対策しにくいこともあるでしょう。

 

このように時間がない場合には短期集中で対策してくれる家庭教師などを選んだ方が良いこともあります。
このように生徒のレベル、目指す高校のレベルによっても入塾すべきタイミングは異なってきます。
もしも困ったらやはり早めに入塾させておくのが一番よいでしょう。
もしも部活などで忙しい場合には週に1回もしくは隔週でも良いですから入塾させて塾に慣れさせておくとともに入試に向けてマインド構築をさせておくと良いでしょう。