川越エリアでの学習塾選びの決定版!

塾の個別指導と集団指導のそれぞれのメリットとは?

学校の勉強だけでは難関校合格を果たすには不十分ですし、プラスアルファの学習が必要不可欠だといえるのではないでしょうか。

子供の特性に合う塾を見付けることで目標を叶える確率がグンと上がります。

難関校合格の実績を前面に出す塾も増えており、カリスマ講師の存在が生徒を集めるのに貢献しているケースもあります。

授業のスタイルで通う塾を決めましょう

大学受験の二極化が進んでいることで、難関大学は更に難しくなると言われています。

医学部や薬学部もそうですし、将来の安定を目指すには早めの準備をしておくことが大切です。

一口に塾と言っても授業形式を含めて多様化しており、ざっくりと分類するのであれば大人数で学ぶ集団指導と生徒一人ひとりに講師がつく個別指導が主流となっています。

どちらが良くてどちらが悪いと言う問題ではなく、あくまでも自分の目的に合わせて選択することが大切です。

授業の進め方や料金も異なるので、事前に十分なリサーチをして通う塾を決定するようにしましょう。

弱点を克服して志望校合格を果たせます

どんな場面においても当てはまることですが、ライバルが近くにいることで競争心理が働きます。集団指導の塾においては、これこそが最大のメリットだといえるでしょう。

互いに教え合うこともできますし、切磋琢磨することで相乗効果が出るといわれています。

大体の場合は10~30人のクラスで授業が行われており、料金も比較的安いです。

さらに国公立コースや私立文系等、クラス分けがしっかりとされているので、同じような学力の生徒が一緒に学び授業の進行具合が分かり易いという利点もあります。

無論、最初に入ったクラスで最後まで進む訳ではありません。成績が上がればクラスを変更することも可能ですし、希望進路が変わった際にも変更することができます。

個人面接の場を設けている塾も増えていますし、入念な意志疎通を図りつつ目標に向かうことができます。

分からない問題をその場で解決できます

勉強を進めて行くうちに必ず壁にぶち当たる瞬間があります。分からない箇所をそのままにして進むと、次に更に大きな壁にぶち当たることになります。

分からない箇所はすぐに解決することがベストですし、それを可能にしてくれるのが個別指導スタイルの塾です。

クラスの中は1~3人で、講師の目はたえず行き届いています。疑問や質問があればその都度尋ねることができますし、分かるまで何度も説明をしてくれます。

個別指導スタイルは理数系に強みを発揮すると言われていますし、医学部や薬学部受験を目指す生徒にとっては頼もしい存在です。

集団で学ぶ予備校に比べると授業料金は高くなりますが、結果に繋がる勉強方法と言えるのではないでしょうか。

また、土日や夜間にも自習室が開放されているのもメリットです。自宅での勉強は集中力が散漫になることがありますし、講師が常駐している自習室は最高の環境と言えます。

短期間でグンと成績を上げてライバルと大きな差を付けることが期待できるのが個別指導の魅力だといえるでしょう。

 

塾を選ぶ基準は各々ですが、学校で足りない部分をカバーしてくれる心強い存在です。努力は決して裏切りませんし、早めにスタートを切ることで落ち着いて勉強することができます。

近年、受験に向けて早期から準備をする家庭が増えてきましたが、重要なのは複数の塾を比べて見ることです。

資料請求や見学会も数多く開催されていますし、科目毎に通う塾を変えるのも有りではないでしょうか。

夏期や冬期の講習も充実していますし、弱点の少ないオールラウンダーを目指せるかもしれません。

川越での学習塾選び