川越エリアでの学習塾選びの決定版!

中学生の睡眠時間はどのくらい?


小江戸とも称されている川越は、江戸時代初期に徳川幕府の中枢で活躍し、あまりにも明晰な頭脳を持っていたため「知恵伊豆」とまで称された松平信綱が発展させた城下町ということで、首都圏の中でも特にアカデミックな品格を持った地域となっています。そんな川越だけに教育が重視されており良い学校はもちろん理想的な塾が多いとされ、受験対策を強化している中学生にも心強い環境となっています。

 

川越に限らず睡眠時間が短くなっている中学生

どれほど良い塾に恵まれても肝心の学生達のコンディションが今一つの状態では、せっかくの質の高い教育が本人達にしっかりと行き渡らないことになってしまいます。心身共に伸び盛りの中学生達ですが、小学生や高校生も含めた学生全体に対して全国的に問題視されるようになっているのが、一昔前よりも眠りに就く時間が明らかに遅くなっているという点です。

夜遅くまで勉強するようになったためであれば喜ぶ親御さんも多いと思いますが、学生らの睡眠時間を格段に削らせる要因となっているのは、やはりスマートフォンの爆発的な普及です。今や生活必需品であり、デメリットのほうが気になっている親御さんでも、友人の多くが持っていると子供に嘆かれたら持たせない訳にも行かなくなり、連絡用ツールとしても便利なため、あっという間に一般化しました。大人でも眠る時間を削って閲覧する物だけに、しっかりとした自己管理がまだまだ難しい中学生にとっては、ある意味かなり厄介なアイテムと言えます。

中学生が最低限確保しておきたい睡眠時間

勉学に勤しむ環境としては最適な川越で暮らす中学生達も、今や当然のようにスマートフォンを手にして日々当然のごとく使うようになっていますが、便利で魅力的なツールほど自分の時間を取られるというマイナス面を持っており、スマートフォンの場合はどの世代の人も就寝前にこそネット閲覧に興じるケースがほとんどという状態になっています。

そうなるとスマートフォンを手にする時間が増えた分、自然と削られるのは睡眠時間ということになり、帰宅後も宿題や習い事、塾通いに忙しい中学生の睡眠時間も短くなるのは当たり前という構図になります。中学生にとって最低限必要な睡眠時間は約7時間と言われ、未だ成長期という年代ということで、それでは短いという説も支持されています。

大人も子供も理想は8時間とされていながら、忙しい現代生活では7時間でも確保が難しいことから、概ね7時間という数字になっています。これが、中学生にとってもしっかりと確保しておきたい必要な睡眠時間です。その最低限確保したい貴重な時間がスマートフォンによってさらに短くなってきたことで、学生達の心身に様々な弊害が出てくるようになりました。それを見据えて解決しておかなくては、学力の向上もおぼつかなくなるのは明らかです。

学力の向上は十分な睡眠時間の確保がカギ

学生に限らず、人は本来必要な睡眠時間を削ることによって心身に様々な悪影響があらわれます。その中でも学力の向上を最も妨げるのが集中力や記憶力の低下で、精神の安定も損なわれる恐れがあると言われています。川越のどんなに良い塾で学んでいたとしても、眠りが足りないというだけでせっかくの質の高い指導が本人の身に付かないという残念な結果になりかねません。ある意味、勉強時間よりも睡眠時間を増やしたほうが、学力向上につながってくると言えます。

慢性的な睡眠不足の怖いところは免疫力を著しく低下させることにもあり、風邪をひきやすくなるという受験生にとっては命取りになりかねないリスクをも高めてしまいます。社会人にも多いと言われますが、日本人は「寝てない自慢」をする傾向があり、眠る時間を削って勉学や仕事に打ち込む人こそが尊いといった妙な価値観が一部で浸透していることも、睡眠の大切さが軽視される土壌になっていると言えます。

自分自身での自己管理の徹底がまだまだ難しい中学生の場合、友達の寝てない自慢に引っ張られる心配もあり、あらゆる面で親御さんの注意が必要となってきます。良い塾での学びを子供達の財産にして行くためには、質の良い眠りが十分に得られる環境こそ整えておくことが大切です。