川越エリアでの学習塾選びの決定版!

中学生への教科別の対策

ほとんどのお子さんは苦手教科を持っています。
中学生になるとその苦手意識はさらにはっきりしてくるものです。
高校入試を見据えて高い内申点を獲得するためには定期テストで良い点数を取ることが必須です。
その定期テストで、苦手教科が足を引っ張ってしまう・・・という悩みを抱えるお子さんが少なくありません。
漫然と塾に通って勉強しているだけでは苦手教科のテストで点数を上げていくことは難しいのが現実です。
苦手科目を克服するために、教科別の対策をしっかりと行うことが塾に通う一つの大切な目的です。

 

苦手科目の対策が勝負の分かれ道?

各学習塾はこの点を意識して授業計画をたてていますので、お子さんに合ったプランがあるかどうかで塾選びをされることもおすすめです。
たとえば、川越でおすすめの学習塾の一つであるトーゼミでは、高校入試対策の一環として、教科別単元別強化指導をカリキュラムに組み込んでいます。
数学であれば方程式の応用や図形の証明、といったように、その教科の中でも多くのお子さんたちが苦手とする単元別に対策を立てて授業をしてくれます。

さらに日頃から苦手解消のために先生がマンツーマンで指導することで、その場でお子さんの疑問を解消できるようにしています。
苦手科目を克服することができれば、その科目自体の点数があがるようになるのはもちろん、やる気が出てほかの科目の点数アップにもつながりますから、教科別の対策を重点的に行うことが勝負の分かれ道になる、と言っても過言ではありません。

 

教科別の対策なら費用削減にも効果がある?

川越の塾は都心エリアより比較的安めの料金なのが魅力的ですが、それでも個別・集団を問わず学習塾の費用はある程度かかるもの。
ある程度費用を抑えつつ、お子さんの学力を伸ばしたい、という方にとって工夫できる一つの方法は、お子さんが苦手な科目だけに特化して塾に通わせる、もしくは通う受講日数を調整する、というものです。
苦手科目のみ選択して受講できるかどうかは塾によっても変わってきますが、川越の学習塾では科目ごとの受講が可能になっている塾もあります。

川越のサイエイスクールでは、中1であれば国語・数学・英語、中2・中3であれば国語・数学・英語・理科・社会の5科目から科目ごとの受講が可能。
一教科7500円(中3のみ8000円)から選択可能なため、苦手な科目のみ受講して費用を抑えるということもできます。
このサイエイスクールでは、兄弟姉妹特典として兄弟姉妹で通う場合、2人目以降の毎月の授業料が3000円減額になるという特典もあるため、少しでも経費を抑えたい、という方にはおすすめです。

場合によっては、苦手科目に集中して指導してくれる学習塾に重点を置いて通わせ、ほかの科目はバランスよく教えてくれる塾を選ぶ、というようにフレシキブルな活用方法もあるかもしれません。

 

教科別対策イコール高校入試対策?

埼玉県立の高校入試では、学校選択問題といって学校の判断で英語と数学のみ、応用問題を出題することができます。
多くのお子さんが苦手意識を持っている科目がこの英語と数学。
この2科目でしっかり基礎を作り、苦手を潰していくことが高校入試において重要になってきます。

川越の栄光ゼミナールでは、この埼玉県立の高校入試の傾向をおさえた上での各科目のサポート体制を万全に整えています。
また、得点差の出やすい数学の指導に注力しているのが特長です。
数学は一度どこかの単元でつまずいてしまうとその後も理解が難しくなってしまい、苦手と感じている中学生も多いようです。
栄光ゼミナールでは、数学の授業時間を中2で120分、中3で最長140分と長めに設定することで多くの問題に触れ、基礎から応用まで身に着けられるようなカリキュラムを設定しています。
不明点や疑問点があれば授業内にきちんと解決し、苦手単元を作らないことを大切にしています。

埼玉県では3年間の学習などの記録が調査書に記載され、重要な合否判定の資料となるため、早いうちから苦手科目の対策をぬかりなく行って内申点アップにつなげることが大切です。