川越エリアでの学習塾選びの決定版!

通塾で伸びる子と伸びない子の違いとは?

通塾で伸びる子と伸びない子の違いとは?

塾に通わせたからといって必ずしも成績が伸びるとは限りません。
子供によっては塾に通わせると逆に成績が落ちてしまうなんてことも。
一体、通塾で伸びる子とそうでない子の違いとは何なのでしょうか。
こうしたポイントについては塾選びをする際にも詳しくなっておきたいところです。

 

通塾させることで伸びる子供とは?

○成績が上がりづらい子供の特徴

通塾させても効果があがりづらいこともあります。
例えば、塾の仕組み自体が子供に合わないということがあります。
塾は学校と比べて勉強だけしかしませんし、友達も作りにくいものです。
子供によっては塾嫌いになってしまうこともあります。

また、あまり良くない塾に通わせているために成績が伸びないこともあります。
塾によってはマスプロ形式で置いてきぼりの子が出ても構わずに教育を進めていくことがあります。
こうした塾は費用が安いですが、苦手科目がある・勉強が嫌いといった子供にはやはりオススメできないことは確かです。

 

○成績が伸ばせる子供の特長
逆に学校の勉強がしっかりできているようならば通塾させることで更に成績を伸ばさせることも可能です。
学校だけの勉強では物足らないという場合も塾であればより深い内容を学ばせることができます。
塾の講師は勉強を教えるのも得意ですから、それだけ子供の学習意欲も自然と高まって成績向上にもつながってくるのです。
また、塾では模擬などの結果も貼りだされ、競争意識も湧くものです。
人に成果を認めてもらいたい、一番になりたいといった性格の子供であれば、塾に通うことでメキメキと力がつくことも。
友達と一緒に塾に入らせるのも良いでしょう。
塾に興味がなかったような子供であっても友人と一緒に入れさせれば塾に興味を持ってくれることもあります。

 

親の方でも子供に勉強に興味を持ってもらえるように工夫するということも求められてきます。
通塾で伸びる子・そうでない子の違いは子供だけでなく親の質も関係してくるのです。
いずれにしても子供が嫌がっているのに通塾させても効果があがりづらいことは確かです。
そのため、まずは子供と話し合ってどのような進路を進みたいのか親子で考えをまとめてみるのも良いでしょう。
子供のモチベーションを高めることも大事なことで、塾に通うことでどのようなメリットがあるのか理解させることで「塾に通うことで伸びる子供」になってくれます。
また、塾に通わせた後も塾任せにしないで親もしっかりと成績をチェックしてみる事が大事です。
せっかく高い費用を払って塾に通わせているのですから、成果が出ないようでは困ります。
もしも成果が出ないようであれば塾を変えてみるということも良いでしょう。
塾選びもかなり大事なものです。
子供に合う塾を選べばそれだけで子供の成績も上がりやすくなります。
例えば、質問が好きで深く物事を知りたいという場合には少人数制の塾を選んでみると良いでしょう。

塾以外の選択肢もある!

○家庭教師

もしも塾が嫌いなのであれば家庭教師どを選んだ方が良いこともあります。
家庭教師であれば自宅で勉強させることができ、部活などで忙しいといった場合にも有効です。
もちろん家庭教師は塾よりも高めですが、塾よりも丁寧ですし、苦手教科があるといった子供にもおすすめできます。

○通信教育

通信教育という方法もあります。
通信教育であれば子供のペースで学んでいってもらえますから、場合によってはこの方法が最適なことも。
しかし、通信教育は自主性が大事ですから、子供によっては全く向いていないこともあります。
とはいえ、通信教育はコストもかかりませんし、上手くはまれば効果も高いですから一度試してみるのも良いでしょう。
このように塾以外にも選べる選択肢は色々とありますから総合的に考えてみると良いでしょう。