川越エリアでの学習塾選びの決定版!

中学生のいつから塾に始めたらいいの?


中学生になると、小学生の時には成績に関して全く問題がなかった生徒さんが急に授業などが分からなくなってしまったり、もしくは新しい学年になった途端に成績が落ちてしまうことがあります。

 

 

 

中学生のいつから塾に通うべきなのでしょうか

川越にはたくさんの良い学習塾があります。中学生のいつ頃から通うことがお勧めなのか、と言いますと上記のように「もし勉強が分からなくなってしまったら」といったタイミングで通われることをお勧めいたします。

理由としましては新しい学年に入ってから勉強が分からなくなってしまったという時点で、苦手分野が出てしまっているからなのですが、基本的に1年生の特に最初の段階ではかなり楽な問題のみが出される傾向にあります。そのため、進級をした際に全く解けない、という状況下になった、ということでしたら、その時から塾に通うことをお勧めいたします。

川越には良い塾がたくさんありますがこうしたケースでは「トーゼミ」さんはお勧めです。上記のようなケースでは「理解出来ない点をしっかりと教えてくれる」少人数制での塾を選択なさってください。少人数であるからこそ「ここが分からない」という点を先生に尋ねに行きやすいという点です。生徒さんの数を絞っていることからも、解けない点を教えてもらいやすいというメリットがございます。

 

おおよそ、いつから通うことがベストなのでしょうか?

お子さんが授業が分からなくなってしまった、問題の意味が分からないと感じられた時点で、塾に通われることをお勧めいたします。

理由としましては、問題の意味が分からないという時点で前学期などに習ったものか小学生時代の掛け算などの分野で引っかかりが出てしまっていることがあるためです。この場合には実際に生徒さんのお力がどのようなものであるのかを見れば「どの部分で混乱をされているのか」が分かります。逆に掛け算などが完璧である方でも、問題に慣れていないという点で問題そのものが理解出来ないケースもございますので、そうした場合には場数などを踏んで問題になれることで、今後の受験対策などにも役立ちます。

なお、このような場合には川越の「山手学院」さんがお勧めの塾です。かなりランクの高い学校への合格者を輩出しております。また同じく川越の「スクール21」さんもお勧めです。問題の意味が分からないものの、ただ単純に問題に慣れていないという生徒さんの場合には、色々な問題を解くことで、出題者の問題の意図を解くことが可能になって行きます。出題形式のタイプの色々なものに慣れることで、対策なども行えますからどの部分でご自身が混乱をしているのか、なども次第に理解がなされて行きますし、出題形式に慣れることで、大変に自信がつきます。

 

受験前の最後の追い込みとして塾に通うことはありでしょうか?

受験前には、中学生の時から真面目にしっかりと勉強をされてきた生徒さんであっても、どうしても3年ほどの知識が凝縮された受験があるため、過去には簡単に解けた問題でも忘れてしまっていることがあります。

受験前の最後の追い込みとして塾に通うメリットは大きくございます。大変にもったいないケースとしては、1年や2年時などに優秀な成績をお持ちであった生徒さんであっても、最後の受験対策が上手に出来なかったことから、少しだけ復習などを行えば簡単に間違いを直すことが出来た問題であってもそのまま受験に向かってしまい、本来お持ちであった潜在的な力や能力、過去の努力が無駄になってしまうケースが存在いたします。

もし、ご自身で問題を解いてみて不安な点などが多く、もう少し掘り下げて復習をした方がいいと思われた場合には、間違いなく復習をされた方がメリットが大きいです。仮にワンランク下の学校にしよう、と思われている方でありましても、復習をすることによって成績が急激に上がり、そのため逆にワンランク上の学校、または当初から目指していた学校に合格出来るラインまで行き着くことが可能となることもございます。